ざっくりまむが

古いのから新しいの、マイナーからメジャーまで、様々なジャンルの漫画感想書き殴り。ざっくりとですがネタバレしてるので注意。深い考察など難しい事は出来ません。笑

慎二のことを深く尊敬していると気付く凪 『凪のお暇』 28話 ネタバレ感想

スポンサーリンク

ここんとこいきなり寒くなる日があったりして、極度の冷え性なので文章を打つ指が早くもかじかんでる有様。健康になりたい。

さて、『凪のお暇』 28話ですが、久々に凪と慎二が絡んでくれて嬉しい~。元サヤは望めなくてもせめて友人としてでもいい関係を築いてほしいなー。

ではざっくりとだけあらすじ。

↓ 前回27話のあらすじはこちら↓

28話 あらすじ

凪がバイトするスナックに偶然取引先の行きつけの店だった為、慎二が来店する。顔を合わせお互いにビックリするも、はじめましてと挨拶し合う。

慎二は凪にこの人水商売向いてないと占いっぽく言う。反発する凪だったが、慎二はトイレに凪を呼び改めてこの仕事を今すぐ辞めろと言う。

悪口ばかりを垂れ流す客達の相手は、自分にも他人にも潔癖すぎる凪には無理と慎二は断言。慎二もそういう連中には反吐が出るとしつつも、こういう場所はそういう吹き溜まりをぶちまける優しい場所だと話す。

すぐに悪口グループとも打ち解けている慎二をみて、凪は場の空気を読んで「わかるー」という言葉を過去沢山繰り返してきたが、慎二の「分かる」は本当にわかってるんだと感じ、慎二に尊敬の想いを伝える。

 

ネタバレあり感想

やり手の営業マンって実はスゴイんだなーって感じましたよー。場所がスナックだったとしても悪口ばっかり言ってるウザい人達のこと、慎二みたいに寄り添って気持ち考えてあげるなんて発想なかったわー!笑 慎二って大人なんだなぁ。相手の気持ちを汲み取ろうとしてあげられるんだもんな。一気にみんなと打ち解けて仲良くなっちゃえる慎二さんスゲー。

前回、この悪口グループと慎二との間にひと悶着あったりするのか?なんて思っててすみませんでした(土下座)って気持ちですよ。やり手の慎二はそんな浅はかなことしないんだね!そして作者さまはそんな浅はかな話の展開をさせないよね、すみませんでした(土下座2回目)って気持ち。笑

 

今まで営業職ってついたことないし、関わったことある営業の人たちは社内社外問わず、その場限りのいい加減な言葉を並べる人って印象しかなかったんですよ。申し訳ないけど。汗 本当のやり手の営業マンは慎二みたいな人がいるもんなのかなー。物事を多角的に見られる人間なんだね、慎二は。なのに凪のことが絡むと一気に視野が狭くなりがちなところが完璧じゃなくて逆にイイね。

 

そして、凪が尊敬の想いを素直に口にしたのに、慎二ときたらウケる。慎二としては「好き」って言われる事を期待してたからがっかりしたんだろうけどね。私も「好き」と「尊敬」どっちだろうって前話で思ってたけど。しかしこれは相手次第ではお巡りさんこっちですって案件ですから。せっかくの尊敬が台無しじゃーい。笑

うーん、凪はいつ見てもチチがデカイですね……。笑

 

次回もスナックからスタートなのかなぁ。それとも今回で終わりかな。もうちょっと凪と慎二の絡みをみたい!

28話はエレガンスイブ2018年11月号に掲載されています。

 

エレガンスイブ 2018年 11 月号 [雑誌]

エレガンスイブ 2018年 11 月号 [雑誌]

 
凪のお暇 4 (A.L.C. DX)

凪のお暇 4 (A.L.C. DX)

 
凪のお暇 コミック 1-3巻 セット

凪のお暇 コミック 1-3巻 セット