ざっくりまむが

古いのから新しいの、マイナーからメジャーまで、様々なジャンルの漫画感想書き殴り。ざっくりとですがネタバレしてるので注意。深い考察など難しい事は出来ません。笑

両想いの2人がすれ違いまくり 『バター猫のパラドクス』 全4巻 ネタバレ感想

スポンサーリンク

『うそつきパラドクス』の最後に登場する八日堂に好意を寄せる新人の若芽が主人公です。

うそつきパラドクス 1

うそつきパラドクス 1

『うそつき~』より短いし、個人的にはヒロインの心情をまだ理解できるのでこっちの方が読みやすいです。

 

あらすじ

『バター猫のパラドクス』 きづきあきら + サトウナンキ 全4巻

バター猫のパラドクス 1

バター猫のパラドクス 1

恋愛経験ゼロの新入社員の若芽は同期の兼末を好きになる。若芽の同期で仲良しの有里(あり)も同じく兼末が気になっていた。2人とも恋に頑張ろうと決め、若芽は兼末に告白をする。
 しかし兼末は若芽を狙う先輩社員の坂上から若芽はかなり遊んでいると嘘を吹き込まれていた為、若芽みたいなタイプは苦手だと言い振る。
 
振られた若芽は兼末に友達になろうと提案する。そして有里と兼末をくっつけようとし、兼末とデートの練習などをする。兼末はいざ有里とデートしていても若芽のことが頭から離れない。そんな時坂上が若芽に告白したと知りモヤモヤする。
 
有里は兼末が本当は若芽が好きなのではと若芽に言い、兼末とのことは降りると若芽に告げる。
若芽は兼末に振られていることから、それはないと言うが兼末に対してやれる事をやり尽くしたか考え、有里が降りたことからもう一度頑張ろうと決心する。
有里は有里で若芽がこんなに応援してくれているのだからと、兼末にもう一度ぶつかろうと決心する。
 
次の日有里は兼末に告白し、坂上と若芽が付き合うと思っている兼末は告白を受け入れる。
その後に若芽は兼末に告白。有里との事を知っているのに誘ってくる若芽に所詮遊びで抱いていい女だと兼末は受け取り、若芽への気持ちを吹っ切るためにホテルに連れて行き乱暴に抱く。
しかし若芽は初めてで男と付き合った経験さえない事が分かる。坂上の言ったことは全部嘘だと気付く。
若芽は有里と兼末が付き合いだした事を兼末から聞きホテルでの事は有里に絶対知られてはいけないと考える。兼末からも口止めされ、兼末とのことはもう好きじゃないと、全て忘れる事にする。
 
兼末は若芽と付き合う事を考えていて、若芽に好きだと告げ若芽から有里を傷付けるなと怒られる。
兼末は有里に若芽が好きだから付き合うのはナシにと伝えるが、今別れたら若芽は怒って離れていってしまうから付き合っているフリをしようと有里は提案する。
 
若芽は新しい恋で兼末を忘れる為、坂上と付き合う事を決める。兼末は親友の彼氏としてならずっと若芽の側に居られると、有里と本当に付き合いだす。
 

ネタバレあり感想

すれ違いの嵐!あと数時間早ければ〜とか、もう一言添えてたら〜とか、じれったい! ここまですれ違うともう呪いレベル。

若芽も兼末も口下手。若芽は最初からずっと兼末に好意を思いっきり向けてるんですが、兼末は若芽は男を手玉にとって遊んでる女として見てるから本当は惹かれてるんだけど自分の気持ちに逆らいうまくいかない。
坂上の嘘を後から兼末は責めます。しかし本当の若芽を見ていなかったのはお前だと逆に言われてしまいます。確かに勝手に噂を信じて若芽という人間をきちんと見てあげなかったんですもんね。
まぁ若芽もあまりにセキララな悩みをあえて兼末に話したり、それで友達とか言っちゃうのって人としてどうなの!?ってところは多々ありますけどね。ナチュラルにあざといんでしょうね。笑
 
序盤から明らかに両想いなのにすれ違い続けるのでハラハラしますが、逆にこれはこの2人を最後まで絶対見届けなければと思わせます。笑
話ごとに若芽視点と兼末視点で切り替わっていくので、同じ場面でも若芽がこうした時に兼末はこう考えてたのか、などが分かって全くかみ合わない2人が面白いです。
 
兼末と有里が付き合いだしてからウブだった有里ちゃんは開花しちゃって坂上先輩を誘っちゃう程に。有里ちゃんところかまわず発情。笑 男性にとってはある意味見所なのだろうか……。笑
そして話の締めくくりである最後の一コマの若芽が爽やかな流れながらもチチ丸出しなのが個人的にツボ。笑
バター猫のパラドクス 4 (ジェッツコミックス)

バター猫のパラドクス 4 (ジェッツコミックス)