ざっくりまむが

古いのから新しいの、マイナーからメジャーまで、様々なジャンルの漫画感想書き殴り。ざっくりとですがネタバレしてるので注意。深い考察など難しい事は出来ません。笑

微妙なお年頃の人には言えない性事情 『ヒメゴト 〜十九歳の制服〜』 全8巻 ネタバレ感想

スポンサーリンク

19歳という微妙な年頃の男女を描いた作品。人には言えない性に関する何らかを持ってる人にはとても共感できる部分があるのでは?

かなり刺激強めですが、意味のないお色気シーンではないと感じます。

 

あらすじ

『ヒメゴト 〜十九歳の制服〜』 峰浪りょう 全8巻

女子大生・由樹(ユキ)はその男っぽい格好と言動から由樹(ヨシキ)と呼ばれている。由樹の幼馴染の祥が同じ大学に追いかけて入学しており、由樹を女に戻させない鎖となっていた。由樹は本心では女の子になりたかった。一人暮らしの家で誰にも秘密で制服のスカートをはいて女である事を確かめ自分を慰めるのが日課になっていた。

同じ大学に通う未果子も制服を着て15歳のフリをしカラダを売って本当の年齢がいつまでバレずに騙せるか男を見下し確かめ続けているという秘密を持っていた。

一方、佳人(カイト)も憧れの未果子が着ていた物と同じ物を購入し、女装し未果子になりきり街を歩くという秘密を抱えて日々を過ごしてた。

 

偶然由樹が佳人の秘密を知ってしまい、「女友達」として2人は仲良くなる。由樹が女の子になれるように一緒に買い物をしたり「女友達」として楽しい時間を過ごす。
そして、男を見下している未果子は純粋な少年のような由樹に惹かれていく。

由樹が自分以外の男と仲良くなっていく事に焦った祥は由樹に無理やり迫るが拒否される。未果子は由樹の周りから余計な男を排除する為にボロボロの祥を虜にし、自分の家に住まわせる。

由樹は徐々に佳人を男として意識し好きになってしまうが、佳人は初めて出来た「女友達」である由樹を失いたくないため手を出さないと決めていた。
由樹に女友達だと再認識させる為にも、憧れの未果子が好きだという事を佳人は強調する。

由樹は未果子を繋ぎ止めておけば、佳人と未果子が付き合う事はないと思い付き、未果子に嘘の告白をして付き合い出す。

売りをしている未果子と女装している佳人が会ってしまいお互いの秘密を知る。佳人は未果子が自分の理想とかけ離れていた事にショックを受ける。

由樹が本当は佳人が好きで、自分と佳人を近付けない為に自分と付き合っているという事に気付いている未果子は由樹と佳人をくっつけまいと、佳人の心を掴む為に演技をする。

佳人と未果子は焦っていた。佳人は日々男らしくなっていく身体つきに女装が似合う残り時間があと僅か。未果子は15歳の完璧な美しい少女でいられる残り時間があと僅か。

佳人は未果子の汚れた世界から由樹を守る為、未果子と2人で制服を着てホテルで男を待ち、行為の寸前で佳人が男だとバラし相手を慌てさせる危険な遊びを繰し……?

 

ネタバレあり感想

う〜ん見事な三すくみ!全員が自分以外の2人を一緒にさせない為に監視してます。

由樹だけが色んなことが見えてないんですが、未果子はかなりの策士。

佳人はなんやかや結局は未果子に夢中なのが読んでてかなりモヤモヤしました。結局のところ、中身がどんなヨゴれだろうが若さとカワイイは正義♥ を見せ付けられる感じがして。笑 ちくしょうめー!

 

学生時代に由樹と同じように男に見える同級生がいたのを思い出しました。すごく運動神経もよくスポーツマンという感じで女子にモテてました。性同一性障害という風ではなかったんですけどね。彼女は卒業後、一度だけ同窓会で会いましたが学生時代のまま、見た目が男でした。もしも彼女が由樹と同じようにいつ女に戻るか葛藤してたとしたら、カッコイイ~とか皆で言っていたのでかわいそうな事をしてたかも……。

 

この漫画、途中から読んでいて着地点がどうなるのかハラハラして、バッドエンドしか見えない……と思うのですが、まさかの後味のいい終わりとなっています。超雑魚キャラと思われていた祥が何気に重要な役どころだったりします。
男性は大好きであろうシーン満載のやや刺激が強い漫画ですが、ストーリー上意味のあるそういったシーンだとは思います。

えっと、背後に気をつけて読みましょう~。笑

ヒメゴト~十九歳の制服~ コミック 1-8巻セット (ビッグコミックス)

ヒメゴト~十九歳の制服~ コミック 1-8巻セット (ビッグコミックス)