ざっくりまむが

古いのから新しいの、マイナーからメジャーまで、様々なジャンルの漫画感想書き殴り。ざっくりとですがネタバレしてるので注意。深い考察など難しい事は出来ません。笑

異父兄弟達の家族愛 『ホットマン』 全15巻 ネタバレ感想

スポンサーリンク

ホットマンは反町隆史主演でドラマ化したのが有名ですね。家族愛の物語です。
子育て中の親が読むと色々と考える部分がある話なので、親におすすめな漫画です!
 

あらすじ

『ホットマン』 きたがわ翔 全15巻

ホットマン1

ホットマン1

女優の降谷百合子は結婚離婚を繰り返し8年前に他界。それぞれ父親の違う子供達5人に家を残す。
その家に、美術教師で長男の円造(通称エンゾ)、OLで長女の志麻、次女の女子高生ひなた、中学生で双子の次男の灰二と三男の龍之介の5兄弟と、円造の5歳の娘の七海が1年前から一緒に暮らしている。
 
七海は重度のアトピー。エンゾは自分の食生活も生活自体も荒れていたヤンキー時代のせいでアトピーになったと信じており、病的な程に健康オタク。
 
双子の通う中学生で教師をしているエンゾ。この中学の保健室の美人教師である美鈴に灰二は惚れているが、美鈴はエンゾに惹かれていく。
しかしエンゾは乱れた生活を送っていたヤンキー時代を悔恨し、自分には人を愛する資格はないし、人を幸せになど出来ないと思い込んでおり、美鈴との仲はなかなか進展せず……
 

ネタバレあり感想

日々生徒のトラブルやら家族の身に何かしら事件が起こり数話使って解決していく流れです。
そして家族の絆!この漫画は少し恋愛も絡みますが基本は家族愛の漫画です。
 
エンゾの職業が教師なので、子供がいる親が読むと教育論というか……うーん、と考えてしまう箇所が多々あるかと。
子供に理解がある親は、裏を返せば理解のあるフリをして子供との衝突を免れようとしているだけ、というセリフがあって。自分の子育てはどうだろう、と考えてしまいました。
昔読んだ時は子供いなかったしサラーっと読み進めたんですけどね。
私は毒親に育てられたので、子供の時から大人になってまでも生活全てを支配し干渉しようとしてくる親にうんざりの日々だったもんで。
だから自分は絶対そういう子育てはせず、友達親子な関係にしたいと昔から考えてたんですよね。なのでわりと子供のしたいように自由にさせてて。公共の場で騒ぐとか、やってはダメなラインは当然注意しますが。
子供に媚びてるつもりはないけど、そういう風に見る人もいるにはいるんだろうな、と。漫画読んでて思いました。
子育てって正解がないというか、、、結果が出るのが数十年後。もうよく分からなくなってしまいますね。
 
エンゾはかなり神経質な暮らしをしているので、途中気張りすぎて息切れしてきてしまうんです。それって現実で結構ありますよね、周りでも完璧ママで円形脱毛症が出来てしまった方いますし。完璧にこなしたいもんだから力の抜きどころが分からない。
これ読んでたら自分の肩にどれだけ力が入ってたか気付けるかも。そして思い切って羽を伸ばそう♪って思えたら素敵ですが、エンゾみたいに沖縄飛んでっちゃうのはなかなか出来んなー。やりたいけどね。
 
それぞれの兄弟のメインの話があり、中でもしっかり者の長女、志麻メインの恋愛ストーリーが切なくて読んでて辛かった。。
なんで志麻ばっかりこんな目に!!と思う程きっつい試練を与えられます。
彼氏が事故死したり、ようやく彼の死を乗り越えて好きになった人は実は既婚者だったり。もう作者は志麻を苛めすぎ〜〜!
しかし終盤いつの間にか会社の人と普通に付き合ってたという。笑
エピソード見落とした!?って思うくらいサラッと書かれてたけど、まさか本当に見落としたのかなぁ。笑
 
きたがわ翔先生作品は、『19〈NINETEEN〉』『B.B.フィッシュ』『刑事が一匹…』『デス・スウィーパー』と読んだことありますが、、、時々ポージングが面白い。笑
舞台俳優みたいな大げさな動きなんですよ。キャラたち皆が!
とにかく独特。セリフ話してる動きとか頭抱えてる絵とか。でもとっても見やすい綺麗な絵。
すごく色使いが美しい表紙もこの作者の見所のひとつじゃないでしょうか。
あと、ホットマンは当てはまらないかもだけど、ストーリーは大抵途中からトンデモ展開になりますね……。そこを受け入れられるかですね!笑
ホットマン 15 (highstone comic)

ホットマン 15 (highstone comic)